TOP PAGE 交流会による合同企画&イチ押しイベント コラム集もくじ リンク集
異業種交流会・勉強会セミナーのスタッフによるコラム集
コラム集もくじ
▼参加者向け
「人的ネットワークの作り方〜交流会へ行こう」
(KANSAI人脈づくり応援誌Pimnet・編集長木村徹さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART1『自分に合った交流会を見つける方法』
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART2『ホームページ検索を活用した交流会の選び方について〜』
(旧AC-NET事務局/戦略経営研究会・幹事)
「異業種交流会・勉強会参加の前にしておくこと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加の際の心得」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加のあと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会のなかの”人間関係の満腹感”」
(くろすろーどメンバーからの投稿)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会の上手な参加の仕方〜楽しくビジネスを加速する〜」
(あつぎ異業種交流会世話人・猪股真さん)
「がんばれサラリーマン〜辞めてはいけない〜」
(ライター・リストラ問題評論家・中森勇人さん)
▼主催者向け
「異業種交流会のライフサイクル」前編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「異業種交流会のライフサイクル」後編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「私にもできる異業種交流会・勉強会〜交流会を立ち上げよう!!〜」
(ONLY ONE・くろすろーど合同トライアルトークより)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART1」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART3
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART4
(関西交流大学 祭作太郎さん)
▼HP編集長の気まぐれ日記
異業種交流会・勉強会に関するコラム集 
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART2『ホームページ検索を活用した交流会の選び方について〜』
(AC-NET事務局・幹事)
異業種交流会・勉強会セミナーのスタッフによるコラム集交流会にホームページがあるかどうか これが一つの交流会参加の判断材料になると考えます。

とうぜん、ホームページの内容が重要ですが、これはひとまず置いておきまして。 なぜ判断材料になるかというと、 まず、「交流会主催のやる気」のバロメーターになるからです。 つまりは、交流会を開催していることを社会に対して、公表しているわけですから、 その気構えがカタチとなっているとわかります。 次いで、交流会主催者が交流会のために時間を割き、 また手間を掛けていることがわかります。 つまりは、それだけ交流会に対して「本気」であるということです。 そして、さらには、インターネットというものを媒介として、 社会一般から参加を待っているのだということですね。 つまりは、「開かれている」と言うこと。 また、人の集まりも固定し過ぎず、ある程度流動的になり、 そこから、人や情報の「交流」が行われているということもわかります。

ではまず、Yahoo!などの検索エンジンで「交流会」という文字を入れてみて ください。数多くの団体のホームページにヒットすると思います。 これらを見ていると「日本には意外と交流会がたくさんあるんだなぁ」 とまず驚くことと思います。 これらホームページでその交流会が「良質」かどうか見分ける方法があるんです。 「交流会っていってもどこに行っていいのかわからない」 という方のために説明しましょう。 但し、これらは絶対的なものではなく、 あくまでも参考として頭に留めておいてください。

■チェックポイントその1…「会の概要および会則」
交流会の主催者がホームページを開設している理由、 やはりそれは「新規会員の獲得」でしょう。 次のイベントの告知のみのページが多いのも理由からと思われます。 しかし、ホームページを開設しているからと安心するのはそれは危険かも。 まず第一に、ホームページで見るべきところは、「会の概要および会則」でしょう。 これを見てピンと来ないところなら、行かない方が無難かもしれません。

■チェックポイントその2…「過去のイベントの活動報告」
まず交流会初心者の方が交流会に参加する際にいちばん気になること。 これは「どんな人が参加しているのか?」ではないでしょうか? そこで過去のイベントのようすが書かれてあると、とりあえずは実際にまじめに 活動している会ということがわかるでしょうし、またその会のメンバーへの 思いやりが表われていたりするのではないかと思います。 写真があればなおベターです。写真があれば参加人数、男女比、年齢比、 だいたいの雰囲気が一目瞭然でわかります。 但し、ホームページの代わりにメールマガジンやメーリングリストで報告を しているところもあります。こちらについても詳しければ詳しいほど良いです。

■チェックポイントその3…「相互リンク集」
いちばんその交流会のレベルをホームページで判断するのに最適なページ、 それは実は「相互リンク集」なのです! 相互リンク集には主に友好団体のホームページと会員のホームページを掲載しているところがほとんどです。そこでその交流会がどこの団体(どの レベルの団体)とつきあっているのか、どんな人が会員として名を連ねて いるのかが判断できます。 そこにアヤシイ団体、アヤシイ会社のホームページとリンクされていたら これこそ要注意!「そのアヤシイ団体、アヤシイ会社と関係がある」と 言っているようなものです。 やたらにH系や金融系などのリンクが貼ってあるものも要注意です。 また、BBSなどへの書込みも参考になります。

■チェックポイントその4…「ネットワークビジネスなどの悪質商法への対応」
ネットワークビジネス(マネーゲーム、マルチ商法を含む)や、宗教団体などの 勧誘目的の参加を禁止する旨、また、仮に参加してもお引取りいただく旨の 毅然としたコメントが載っているかもまた、重要です。 これで、少なくとも、交流会主催者は、 上記の困った人たちへの態度を社会にアピールしているといえます。 但し、ネットワークビジネスへの交流会主催者の対応は、 実際に参加してみないとわからない部分もあります。

■チェックポイントその5…「最後に更新したのがいつか?」
最後の更新をしてから、3ヵ月以上の経過があるときは、その活動自体があやしい。 あるいは、休会・解散状態であると考えて良いでしょう。 交流会立上げ後、ほんの1年ほどの期間で、 交流会主催者が交流会運営の「熱意」を喪うことはママあります。 このようなときに、交流会ホームページだけが残滓として、 ネット上に取り残されることがあるわけです。

まとめとしましては、 なによりホームページを眺めた後、あたりまえですが、
★「なんのために交流会に参加するかのあなた(参加者)自身の意識の再確認」
がもっとも重要です。 つまりは、上記のチェックポイントに合わせて、 「開催日時」 「開催場所」 「開催テーマ」 「参加費」(単発での価格と、年会費性か否か) 「交流会が求める参加者の対象」 などを検討し、自分自身のニーズを再確認する。 このニーズを提供してくれそうな、交流会を選ぶということです。

◆AC-NET事務局
TOP PAGE 交流会による合同企画&イチ押しイベント コラム集もくじ リンク集