TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集
異業種交流会・勉強会セミナーのスタッフによるコラム集
コラム集もくじ
▼参加者向け
「人的ネットワークの作り方〜交流会へ行こう」
(KANSAI人脈づくり応援誌Pimnet・編集長木村徹さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART1『自分に合った交流会を見つける方法』
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART2『ホームページ検索を活用した交流会の選び方について〜』
(旧AC-NET事務局/戦略経営研究会・幹事)
「異業種交流会・勉強会参加の前にしておくこと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加の際の心得」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加のあと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会のなかの”人間関係の満腹感”」
(くろすろーどメンバーからの投稿)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会の上手な参加の仕方〜楽しくビジネスを加速する〜」
(あつぎ異業種交流会世話人・猪股真さん)
「がんばれサラリーマン〜辞めてはいけない〜」
(ライター・リストラ問題評論家・中森勇人さん)
▼主催者向け
「異業種交流会のライフサイクル」前編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「異業種交流会のライフサイクル」後編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「私にもできる異業種交流会・勉強会〜交流会を立ち上げよう!!〜」
(ONLY ONE・くろすろーど合同トライアルトークより)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART1」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART3
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART4
(関西交流大学 祭作太郎さん)
▼HP編集長の気まぐれ日記
異業種交流会・勉強会に関するコラム集 
「グラスツール(草の根)交流会の作り方 PART1」
関西交流大学幹事・祭作太郎さん)
関西2日間丸ごとあきんど交流会このホームページをご覧の皆様の中には、交流会を既に自ら運営されている方も多いと思う。
一参加者の立場として、交流会初心者の方からベテラン?まで幅広くご愛読頂いているはず。

毎度の事ながら、私のコラムは独断と偏見を堂々と表看板にしているので文句があれば一笑して頂きたいのみでござる(爆)

交流会と一口に言っても構成人員的に様々。
ほぼ完全な会社同士のつきあい(例えば〜株式会社協賛会とか)や同業者の集まりも厳密言えば交流会である。
中には、行政や公的機関が音頭を取るものも!?

このコラムでは題名が示すとおりグラスツール(草の根)的に有志が集まって作る交流会と定義する。
つまり、会社ではなく、一個人で参加できるもの。簡単に言えば、〜会社の誰それではなくて、人物(名前)が先に来るもの。それと法人や団体などから資金提供(スポンサー)がないものとする。

次に、グラスツール(草の根)的な交流会も大別すると、交流系と勉強系に分かれる思う。
交流系は主にメンバー同士で討論会や研究発表会を行ったり或いはサロン(座談)であったり、単なる名刺交換会であったり色々。
勉強会系とは、外部講師を呼んで来るか、身内で間に合わすかは別にしてスクール形式でお勉強するスタイル。

勉強会と言っても、かなり絞られたテーマ(英語とか、ITとか)に特化するものから外国文化とかビジネスとか分野は限定するが間口を広げるもの様々ある。
また、異業種交流会、インターネット研究会、若手勉強会、女性サロンなど「異業種」、「若手」、「インターネット」「女性」と参加者の属性を強調するものがある。

このコラム上では、余り範囲を限定せずに誰でも参加対象者になりやすい主旨を持った交流会の作り方を対象とする。

では、なぜ交流会を自分で主宰するのか?そもそも交流会に参加する意味は何なのかを考えたい。

人脈を拡げたい、自己啓発、他業界の情報や知識を得たい学問をしたいとか、理由は様々である。
しかし、極端に言えば
●ビジネス(仕事)に繋げたい。
●職場(家庭)での(役割に)満足感を得ないので他の場所を探す。
文章表現は別にして、この2つしかないと断言出来る。

さらに比率は人によって違うが両用の要素を持ち合わせる事もある。
仮に、仲間(友人)が欲しいと言う純粋な目的であってもその人が本当に魅力的な人物なら、会社関係であろうが取引先であろが、仲間創りには事欠かない。

では、なぜ交流会を自分で主宰するのか?そもそも交流会に参加する意味は何なのか?
実は、この自問を考えていたのだが良い答えが思い浮かばない。私自身、自然発生的に「交流会」の設立に参加していて気がつけば運営者の立場になっていたからだ。

関西交流大学は元々某商社マンの呼びかけで招集された実際のビジネスチームだった。他業種のメンバーが5、6名集まり実在の仕事に対する計画を話し合った。
が、結果的に何の進展もなくそのプロジェクトは解散した。つまり、一対一ではなく、複数同士の合同プロジェクト(仕事の話)をいくら論議しても利害関係がぶつかるだけで誰がお金を出すのか、誰が動くのか…何も決まらないのだ。

解散前に、「この集まり(プロジェクト・チーム)を仕事とは切り離して勉強会と言う形で発展させませんか?」招集をかけていたその某商社マンが提案した。

今考えれば、その某商社マンは元々その目的(交流会設立)が少なからずあったのかも知れない。
彼は(後で知ったことだが)結構他の交流会に顔を出していたらしい。が、(彼の心にヒットする)まともな交流会が非常に少なく会が終わると翌日にはネットワークビジネスや、宗教の勧誘に悩まされるなどと言う事もしばしばあったとの事。その某商社マンは独自のネットワークを構築したいと願っていたのではないかとか、今にしてはそう思う。

さてそろそろ本題に戻って(笑)
「そもそも交流会に参加する意味は何なのか?」

正直私にはよくわからない。
ただ、●ビジネス(仕事)に繋げたい。と言うのは(解釈する範囲によって一概には言えないが)幻想に近いかもしれない。
本当に、「ビジネス(仕事)に繋げたい」なら無駄なお金と時間を使わずに、一件でも多くセールスに出る方が良いと思う。もちろん、交流会で知り合った人と友情を育みビジネス・パートナーに発展することもあるだろうし、それは悪いことではない。しかし、仕事上で利害関係が発生した時点で、本来の友情は崩壊すると言う危険を含む。

エンジョイフェスタよくあるパターンだが、「残業があるので(忙しくて)なかなか会には行けません。」と言う人がいる。
この人は例えば男性会社員とする。

(毎日毎日ではない)月1回や2回の定例会に出られないと言うのだ。
関西交流大学の場合は、仕事が終わってから充分駆け付けられる時間帯(19:00の開始で、遅刻も可)に設定しているのにである。
「仕事が出来る人は、時間を創るのがうまい!」とは良く言われるが本当は、「仕事が出来る人こそが、自分の時間を持てる。」のだと私は思う。
それはエライ(役職者)とかヒラであるとか関係はなく時間(就業後)は自分で創るものであると私は考える。

いつも定時にタイムカードを押すのは気まずいかも知れないが常日頃しっかりと仕事をしていれば誰も文句を言わない。「今日は、アポイント(プライベート)があるのでお先に失礼します。」と堂々と上役に言って会社を出れば良いのだ。
「いつもは懸命によく働くが、用事がある時はさっと切り上げられるメリハリのあるヤツだ。」と、逆に評価が高くなるというものである。

よく社内にいるではないか…忘年会とか歓送迎会とか何か行事がある度に決まって遅れるヤツ。
行事は前々から決められている事で昨日、今日急に決まったワケではない。なのに、そう言う時に限ってみんなが机を片づけて会社を出ようとしているのに、一人ゴソゴソ忙しそうに電話をしたり書類を眺めていたりする…輩が。

たまたまその日に突発的な事が起こったのなら仕方がない。が良く観察すると彼(彼女)は、いつも行事の時は遅れてくる。「オレっちは、こんな時(行事がある日)でも必死で仕事しているのだ。」と見せたいワケでもないだろうが、余りに不細工である。つまり、ケジメを付けることが出来ないのである。

本当に仕事が出来るヤツは、常日頃は忙しく駆け回っていてもそういった行事の時には、スパっと切り替えることが出来る。本当に忙しかったら行事が終わった後黙って仕事に戻るか、翌日早朝に起きて続きをやる。(蛇足であるが、この「黙って」と言うのがポイントだ。)

例え話が長くなったが、交流会に(主宰しようとまで行かなくても)積極的に参加するという人間は、現状の仕事をこなす以上のパワーがなければウソだと思う。
仕事は出来ないが・・・ではなく(笑)
仕事も出来るが(必死で時間を捻出し)社外活動も活発であると言った人材が集まった会でないと意味がないと思うのである。

次に、●職場(家庭)での(役割に)満足感を得ないので他の場所を探す。と言うのはどうだろうか。
同じく「職場でも、家庭でも中途半端なら交流会なんぞに出るな!」と私は考える。

余力があるとかないと言うのは別の次元で、職場でも充足しているがさらに己に磨きをかけるため、新しい仲間を創ったり生きた情報を交換すると言うのでなければならないはずだ。
居場所がないのではなくて職場と家庭の往復のマンネリに埋没しない様、自己を今ある位置よりもっと高める人間こそが交流会に積極的に参加し運営するべきだと私は思う。

また、結婚適齢期(独身主義者なら良いかも知れないが)なら早く家庭を持つべきである。
もちろん、交流会でお嫁(お婿)さんを見つける事も悪くはないがそれが目的なら合コンやお見合いパーティーに出席すれば良いのだ。

健全な家庭や職場環境を保ちつつ、さらに飛躍する為に自己研鑽の場を持つ。それこそが、私の考える交流会に参加する意味だと考えるのだが、皆様はどうであろうか。
交流会は隠れ家であっても、自己の不平や不満を代価する為の隠れ場所あってはいけないのである。

「グラスツール(草の根)交流会の作り方 PART2」に続く

(写真:関西交流大学ほか主催関西2日間丸ごとあきんど交流会・エンジョイフェスタ)
TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集