TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集
異業種交流会・勉強会セミナーのスタッフによるコラム集
コラム集もくじ
▼参加者向け
「人的ネットワークの作り方〜交流会へ行こう」
(KANSAI人脈づくり応援誌Pimnet・編集長木村徹さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART1『自分に合った交流会を見つける方法』
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART2『ホームページ検索を活用した交流会の選び方について〜』
(旧AC-NET事務局/戦略経営研究会・幹事)
「異業種交流会・勉強会参加の前にしておくこと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加の際の心得」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加のあと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会のなかの”人間関係の満腹感”」
(くろすろーどメンバーからの投稿)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会の上手な参加の仕方〜楽しくビジネスを加速する〜」
(あつぎ異業種交流会世話人・猪股真さん)
「がんばれサラリーマン〜辞めてはいけない〜」
(ライター・リストラ問題評論家・中森勇人さん)
▼主催者向け
「異業種交流会のライフサイクル」前編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「異業種交流会のライフサイクル」後編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「私にもできる異業種交流会・勉強会〜交流会を立ち上げよう!!〜」
(ONLY ONE・くろすろーど合同トライアルトークより)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART1」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART3
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART4
(関西交流大学 祭作太郎さん)
▼HP編集長の気まぐれ日記
異業種交流会・勉強会に関するコラム集 
「グラスツール(草の根)交流会の作り方 その2」
関西交流大学幹事・祭作太郎さん) 
「グラスツール(草の根)交流会の作り方 PART1」からの続き

若宮テイ子さんの関西人の元気トークライブ今回は、交流会を自ら創る場合の定義についてお話したい。
まず結論として、もし交流会のための交流会なら創ることなんて止めておいた方が良いと断言する。

世の中には、どの分野にも好事家が居てはやり交流会のための交流会を黙々とやっている人がある。人の批判をしても仕方ないが、ハッキリ言って交流会のための交流会なら最初から止めて置いた方が良い。
「単に人を集めてサークル化して遊ぶのが好きだ。」と言う声もあるかも知れない。しかし、私はその人なり(主宰者)の確たる目的があってしかるべきだと思う。
人脈(社外ネットワークやブレーン)を創る。自分のビジネスに役に立たせる。などなど色々あるだろうが、大きく分けて、ビジネスか学問か言う2点でないだろうか。

語学でも歴史でも何でも良いが興味のある分野を仲間と一緒に学ぼうとするもの。或いは、最終的には「ビジネス」を目的にするもの。このどちらかの二つの目的を明確にした方が分かり良い。つまり、まずキチンとした「旗」を立てる。文字通り旗幟鮮明というヤツだ。

その中で色々な要素が入り交じって来ても良いし一定期間したら方向転換も良いであろう。

つまり、学問を旗印にして運営していくなかでビジネス・チームに転換しても良いのだ。
例えば、スペイン語を勉強している内に、南米に関するビジネス・チャンスがありその交流会が丸ごと南米ビジネ・スチームに変化していくなど。逆に、ITビジネス会が、食文化に興味のある人達で別会を立ち上げるなどなど。
つまり、最初の設立の目的さえハッキリさせて置けばどう変化しても良いのだ。一番悪いのは、「いったいなんの目的で何がしたいのだろう?」と言う交流会である。

もし、貴方がただ漠然と交流会を立ち上げたい(単に自分がトップになって目立ちたい)と思っているのなら目的がハッキリするまでお待ちなさい。
人の為になるとか人の役に立ちたいとか言い分も有るだろうが(笑)実際、旗幟鮮明では人の為にならないし、人の役にも立ちません。間違っても、交流会のための交流会は創るべきではない。知らず寄って来た人達の迷惑になる。

「いやいや気のある仲間と気軽に集まりたい。」それは親睦会だ!!(どっちでも良いのだが)
限定した仲間とやるのなら好き勝手してかまわない。だが、不特定の人達をも募るなら確たる会の設立目的(主旨)が必要なのである。

次に、必要な事はなにか?これは、1にも、2にも情報発信に他ならない。
「交流会」と「井戸端会議」の違いは、情報発信をしているか、していないか…だと断言出来る。

極端な話、人員の多寡ではない。限定された人同士で何十人集まってワイワイやっても情報発信していない(その機能がない)所は単なる「井戸端会議」なのだ。
「井戸端会議」が悪いと言うワケではない。ただ、それは私がこのコラムで定義する所の交流会ではないと言っているだけである。つまり情報発信していないと単なる仲間同士の内輪の集まりになる。

では、具体的には交流会に置ける、情報発信とはなんであろう。チラシでもホームページでもメールマガジン媒体は何でも良いがその交流会の開催情報や会員募集をしているかどうか。
そしてここまではそう難しい事ではない。もし、貴方がもう一段質の高い交流会創りを目指すのなら会の議事録でも、講座リポートでも何でも良いかが何か行事を終了する毎にキチンと報告書を作成し、それを情報として発信する事である。
貴方はもしかしたら興味を持つものの交流会にはまだ行った経験がないかも知れない。その場合、良い交流会と悪い交流会を見分けるポイントの一つがこの点であるかも知れない。開催情報のみならず、終了報告をキチンとしているかどうかである。

これが最近現実に聞いた話だが(聞いた話だから真偽はよく分らない。)とある某交流会に40名ほどの参加があった。
そこは「異業種交流会」と看板で結構活発に活動されているとの事。ただ、その40名の参加者の半数がなんと保険関係の人達だったらしい。しかも同じ会社から数名来ている所も何組かあったそうな。
その会に参加された方は、名刺交換する時に二人に一人はその関係なので思わず尻込みを憶えたそうな(笑)。
保険関係が悪いと言っているワケではない。でも、そんなに一業種の比率が多いと余りにもバランスが良くないと思うまでだ。その活発な某交流会はキチンと終了報告をしているのかどうか聞いてみたい所である。

もちろん、終了報告をキチンとしているからと言って必ずしも質が良いとか限らない。
中には、毎回本当に少数の参加者しかないが(爆)しっかりとリポート作成している所もあるだろう。
が、結論は何が良い悪いではなく主宰者の頑固なポリシーとそれに共感を憶える人達をいかに育めるかであろう。

若宮テイ子さんの関西人の元気トークライブさて、実際に「情報発信」のやり方について述べる。
ペーパー、クチコミなど方法はたくさんあるにせよ現時点では、はやり経費が余りかからないホームページ作成とメールマガジン発行の2点同時進行が一番良いと言える。

仮に参加条件が厳しい場合(例えば役職や年収を問う)や既存メンバーの紹介がないと言う入会できないなどのクローズの主旨でない限りは情報開示をする必要がある。
なぜなら、一つは信用性であるからだ。

会によっては、参加者には勤務先や住所など聞いてくるくせに主宰者(や事務局)の所在地や氏名が不明の所がある。
よく他の交流会のホームページをチェックしてみよう。主宰者(や事務局)の所在をハッキリ明記しているかどうかが第一の良質を見分ける羅針盤と言える。
「ウチは誰でも参加できるよ!」と言われても、ほな、お前は誰やねん(笑)

主宰者(代表)が会社員であるとか、理由により実名を出せない場合も当然ある。ならば、創設メンバー(自営業や自由業の人など)に表看板をあげてもらえば良い。それすら出来ない状態なら、オープンな交流会を創るのは避けた方が良い。
考えれば簡単な話。貴方は本屋さんで所在地や連絡先もない出版社の雑誌を買う気になるだろうか。

さて、ホームページやメールマガジンは誰に運営してもらうか。ホームページは主宰者自ら作るか、創設メンバーの誰かに創ってもらうのが一番良い。メールマガジンは役割分担を決め、共同作業がベストである。
パソコンが苦手な場合でも、創設メンバーが数名いれば一人は得意な人間がいるはずである。

貴方がパソコンの達人で豊富な時間を持て余す自由人ではない限りパソコンの達人と、表看板を出しても大丈夫な人をまず確保すること。つまり、情報発信の前に、情報発信できる体制作りが当然必要となる。
もちろん、全てを一人で始めるのも決して悪くない。しかし、最初のそう言ったコアな仲間を集める魅力が貴方が創ろうとしている交流会、或いは貴方自身にないのなら、もう少しスタンバイに時間をかけた方が有効だと思う。

PART3へつづく

(写真:KICK OFF KANSAI主催、若宮テイ子さんの関西人元気トークライブ)
TOP PAGE 交流会による合同企画&イチ押しイベント コラム集もくじ リンク集