TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集
異業種交流会・勉強会セミナーのスタッフによるコラム集
コラム集もくじ
▼参加者向け
「人的ネットワークの作り方〜交流会へ行こう」
(KANSAI人脈づくり応援誌Pimnet・編集長木村徹さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART1『自分に合った交流会を見つける方法』
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART2『ホームページ検索を活用した交流会の選び方について〜』
(旧AC-NET事務局/戦略経営研究会・幹事)
「異業種交流会・勉強会参加の前にしておくこと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加の際の心得」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加のあと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会のなかの”人間関係の満腹感”」
(くろすろーどメンバーからの投稿)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会の上手な参加の仕方〜楽しくビジネスを加速する〜」
(あつぎ異業種交流会世話人・猪股真さん)
「がんばれサラリーマン〜辞めてはいけない〜」
(ライター・リストラ問題評論家・中森勇人さん)
▼主催者向け
「異業種交流会のライフサイクル」前編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「異業種交流会のライフサイクル」後編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「私にもできる異業種交流会・勉強会〜交流会を立ち上げよう!!〜」
(ONLY ONE・くろすろーど合同トライアルトークより)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART1」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART3
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART4
(関西交流大学 祭作太郎さん)
▼HP編集長の気まぐれ日記
異業種交流会・勉強会に関するコラム集 
「グラスツール(草の根)交流会の作り方 その4」
関西交流大学幹事・祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方 PART3」からの続き

今回の題目は、他の交流会の視察について。

さて、世の中には(私から見て)不思議な人が居て各交流会を総ナメにしていく人が居る(様だ)。
つまり、各会を片っ端から参加していく猛者振りを発揮されている。
ただ、この人たちにも理由がある。

○営業(交流会参加が一つのセールス活動になる。)
○趣味(単に交流会が好き!…爆)
○視察(自分でも交流会やセミナー企画などの立ち上げ準備中。)

他にもあるかも知れないが、総ナメ志向の人達の目的を3点に絞ってみた。
このコラムでは、(テーマは「グラスツール(草の根)交流会の作り方」なので…)視察目的の人について書く。

精力的にあちらこちら顔を出し、(結局はこの人は何をしたいのだろう…と思われつつ)最終目標は自らの交流会やセミナー企画の設立だった。(…と後で分かる。)
この様な類の人は、私が知っているだけでも数名存在する。

●各会の運営方法や告知方法などを習得出来る。
●各会の幹事や講師役などキーマンと顔見知りになる。
●各会の参加メンバー自体と懇意になる。
(…自分の会の設立時のコアメンバーになりうる。)
などなど視察の面から見ると簡単にノウハウや人脈を得ることも可能であるしメリットも多い。視察派の人達は非常に合理的でありきっと頭が良い人だとツラツラ思う(笑)。

しかも、(私が知っている数名)この人達の性格は不思議と共通している所がある。
プライド高系、堂々系(他人に批判には少々動じない)、高学歴系(多分)。つまり、優等生でありこの人達は万事ソツがないタイプだと思える。ただ言えることは頭が良くても賢くはない。決して悪人でなないのだが…。

例えば、この様な人が自分のビジネスに関連する勉強会なり交流会を立ち上げたとする。この人(主宰者)の運営目的は自分の商品を売る事(まで行かなくても)や情報の活性化である。その様な場合、下地を一から誰の力も借りずコツコツやるべきだと思う。効率が良いからと言って他の交流会等を回って自分の”商売目的の会”に引張ってはいけない。
なぜなら、そうやって引張って来られた人は長続きが出来ないからである。

ビジネス勉強会系では一例として健康ビジネスの会だの、コンピューター(IT)系の会、海外進出研究の会などとかなり絞られたテーマに特化されている思う。で、一般の人(テーマを特化していない交流会に来ている人)が全く興味がないか?と言えば、よっぽどマニアック(笑)なテーマでない限りはフツーの?人でもついていける。
但し、1回や2回なら良いけど、毎回毎回その特化テーマについていけるだろうか。

人間誰でも、政治、経済、文化、スポーツ、芸能などなどどんな分野でも少なからず興味がある。人によっての差は、その興味の度合いが強いか弱いである。コンピューター(IT)関係が好きで、食べ物の話が嫌いな人もいれば両方とも大好きと言う人も居る。

ここを思い違いした主宰者は、あちらこちらの交流会に顔を売り最終的にはマイ・ビジネス系交流会を立ち上げる。最初は、物珍しさや義理人情もあってソコソコの人は集まるだろう。が、次第に飽きられ…悲惨な事になる。竜頭蛇尾よりは、最初は少なくても有志を徐々に集め少しづつずつ内容を充実していけば良いと私は考える。
いずれにせよ、どこまで行っても交流(勉強)会は、ビジネスのキッカケ作りであってもビジネスそのものではない。

が、イザ独立したものの(例えば国家資格系職やIT関連職…例えばではなくかなり多い!?)営業力や人脈(ツテ)がなくワラをもつかむのは交流会!という人がかなり多い(様だ)。
ウソではなく国家資格系職の方々なんぞは、どの会に行っても必ず一人は来ている。何かマニュアルがあるのだろうといぶかっていた。

ある人に聞いた事だが、”まず交流会に出掛けて顔を売れ!!”的な先輩に教えがあったそうだ。
独立系だけではなく、サラリーマンであっても同じ事。某交流会では数ヶ月前の開催時40人中、半分が保険関係の会社の人だったと笑うに笑えない参加者構成だったそうだ。(これはアクまで又聞きであるが・・・。)

とにもかくにも…あの人はどこの会にも来ている…と言うのはほめ言葉のみではないのだ(笑)

(写真:サンライト・くろすろーどバーベキュー&花火大会)
TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集