TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集
異業種交流会・勉強会セミナーのスタッフによるコラム集
コラム集もくじ
▼参加者向け
「人的ネットワークの作り方〜交流会へ行こう」
(KANSAI人脈づくり応援誌Pimnet・編集長木村徹さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART1『自分に合った交流会を見つける方法』
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART2『ホームページ検索を活用した交流会の選び方について〜』
(旧AC-NET事務局/戦略経営研究会・幹事)
「異業種交流会・勉強会参加の前にしておくこと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加の際の心得」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加のあと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会のなかの”人間関係の満腹感”」
(くろすろーどメンバーからの投稿)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会の上手な参加の仕方〜楽しくビジネスを加速する〜」
(あつぎ異業種交流会世話人・猪股真さん)
「がんばれサラリーマン〜辞めてはいけない〜」
(ライター・リストラ問題評論家・中森勇人さん)
▼主催者向け
「異業種交流会のライフサイクル」前編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「異業種交流会のライフサイクル」後編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「私にもできる異業種交流会・勉強会〜交流会を立ち上げよう!!〜」
(ONLY ONE・くろすろーど合同トライアルトークより)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART1」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART3
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART4
(関西交流大学 祭作太郎さん)
▼HP編集長の気まぐれ日記
異業種交流会・勉強会に関するコラム集 
「異業種交流会・勉強会参加の際の心得」
(旧AC-NET幹事一同)
「まず代表幹事を」

交流会交流会参加にあたっては、とうぜんですが参加動機を再確認する必要があります。
そして、その動機(目的)に従って、たとえば、セミナー系であれば、そこで発表される有益な情報を吸収する。ビジネス系あるいはコミュニケーション系であれば、後々につながる人脈のシード(種)をまく。

ここで、この目的をスムーズに達成するためにお薦めするのが、「交流会主催者にまっさきに話しかける」ということです。
なぜかというと、あたりまえですが、その交流会の一番の「キーマン」が主催者だからなんですね。
そして、主催者とのコミュニケーションがはかることができれば、セミナー系であれば、講師あるいは発表者を紹介してもらってさらに深い情報提供を望めるし、ビジネス系あるいはコミュニケーション系であれば、自分が思い描いてる人脈に沿う人物の紹介を望めます。
…このへん、以前書きましたましたが、交流会主催者とのメールなどでの事前のやりとりがあれば、交流会主催者としてもコーディネートがしやすいでしょう。
また、交流会開始の30分ぐらい前に、交流会主催者とアポをとっておくというのも手です。
ただし、交流会主催者は、運営統轄・進行・会計などなど多忙ですので、交流会主催者へのアクションですが、一般常識の範疇ということで、よろしくです。

とまぁ…交流会主催者こそが、交流会そのものといえますし、また、その交流会で、「一番おもしろい人」なんですね。

「交流は、”質”を求めるのであって、”量”に求めない」

ありがちなんですが、各参加者の交流の時間となったときに、やたらめったら、名刺を配りまくり、挨拶もそこそこに次ぎへ次ぎへというのは、ちょっとな〜ということです。(交流会の参加人数や、雰囲気にもよりますが)

はたして、10枚以上の人とこんなような交流をして、こちらは相手を憶えていられるか?また、相手は、こちらに良い印象を持ってくれるだろうか?って。(あるいは、少なくとも憶えていてくれるか?)
まぁ、客憶えの良い、5分ぐらいのセールストークで、お客さんをおとすことのできる営業のプロフェッショナル?であれば、別ですが。
そこで、そ〜でない方は、むしろ、2〜3人、参加の目的にそったりとか、またインスピレーションを感じたとかいう方と、じっくりとお話しをすることをお薦めします。
動くことは大切ですが、「これだ!」となったらおさえると。…わたしは、位置を変えないで人が来るのを待ちますが。
けっこうベルトコンベアー的に人来ますよ。
で、そういった「これだ!」の方であれば、かなり刺激的なお話し合いができますし、後々につながりますよ。

ちなみに、わたしは、コーチングではないですが、「伺う」という姿勢でお話しをしています。
…一方的に自分のことを話し、相手の話しは聴かないってのは、とうぜんアレですね。

「交流会参加の極意!」

交流会◎礼儀正しくしよう
当たり前のことかもしれませんが『礼儀正しく』が基本中の基本。電話であろうと、Faxやメール等の文書であろうと『交流会』申込時から礼儀正しく態度で臨んでください。もちろん、必要以上に謙る必要はありませんが貴方自身の個性をPRすることは必要。

◎明るく接しよう
貴方が根暗・引っ込み思案的な正確であろうとできる限り明るくハキハキとした『さわやか』な話し方や接し方ができるよう訓練してください。自分自身がテンションを上げないと複数の方と交流できません。

◎講義中はメモを取ろう
さほど貴方に興味がない内容を講師が話そうと、全員参加型の討論会であろうとメモを取ると積極な態度に見られマイナスにはなりません。質疑応答では発言者が少ない場合は進んで手を上げましょう。逆の場合は遠慮するのも手。

◎名刺は切らすな
その会の参加人員を想定し予め名刺を多めに持っていくことが肝要。よく『名刺を切らしまして』と言ってる人がいますが、これは一番恥ずかしい。理由があり名刺交換しない場合は別として他人から名刺をもらったら自分の名刺を差し出すのは最低の礼儀です。

◎主催(幹事)との関係
主宰者(幹事)とは誰彼を後回しにしても自ら進んで挨拶、名刺交換を一番にするべきです。仮に講演者(講師)に興味があるからと参加した『交流会・勉強会』でもその会に継続的に参加するしないは別にしても、それはとても大切なことなのです。
よく講演者(講師)や他の大物参加者?にはイソイソと駆け寄るが主宰者(幹事)には知らん顔…そんな非常識な人が結構いるのです。何も言われないので本人は気がつきませんが、その手の人は目立つし既存会員は黙って見ていて悪い印象を植え付けられてしまします。

後々他の『交流会・勉強会』参加してもその姿勢を続ければよい人脈なんて決して創れません。

また、参加終了後は必ず礼状を出すこと。その会の運営スタイルによってハガキでもメールでもどちらでも良いのですが参加させて頂いた事へのお礼、会や内容についての感想など書けばよいでしょう。

もう一つ、継続して参加したと思う会の場合は提案事項やクレームを付け加えても良いでしょう。(まともな運営者の場合そういった本音の意見が参考になるので喜ばれるのです。)逆に2度とその会に参加する意志のないのであらばクレーム(大問題ではない場合を除き)を書かない方が良いのかも。

いずれ、交流会に参加すると言うことは新しい自分(の世界)を創ること。言い方を変えれば、知らない土地に一人旅をするのと同じです。純度の高い知的好奇心と謙虚さがお守りになると思います。
(写真:関西交流会合同イベント・関西異業種交流祭2003)
TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集